尿酸値を上げないビールの飲み方

メインビジュアル1

プリン体とアルコールの
ダブルコンボが尿酸値を高める
ビール

  • アルコールが尿酸値を上げる仕組みを解説
  • 血清尿酸値を上げないビールの飲み方は存在するのか?
  • どうしてもビールはやめられない人が実践したい高尿酸血症(痛風)対策とは

アルコールの飲酒そのものが血清尿酸値を上げる

細胞の核に含まれる核酸が分解されると、プリン体になります。プリン体がさらに肝臓で代謝されると、最終的に尿酸となって体外へ排出されていきます。そのためプリン体を多く含んだお酒や食べ物を口にすれば、その分だけ体内に尿酸が増える形になり、高尿酸血症のリスクが高まってしまいます。
プリン体を多く含んだ食べものや飲み物はいろいろありますが、飲み物で言えばビールは代表格。公益財団法人痛風財団がまとめた情報によると、ビール100mlに含まれたプリン体は5mg前後となっています。数値だけ見るとプリン体の多い食品(レバーやあん肝、白子など)に比べて少なく感じてしまいますが、ビールはたくさん飲んでしまいがちなお酒のため、総量で多くのプリン体を取り込む恐れがあります。また、アルコールそのものが肝臓で分解される過程でも尿酸を生んでしまいますので、ダブルで血清尿酸値を上げてしまう飲み物だと言えます。

ビールを飲む機会、量を減らし、
ビールそのものの種類を変える

ビール、さらにはアルコールによる尿酸値の上昇は、痛風リスクを高めます。その意味でビールはきっぱりと控えたいのですが、現実的に無理だと言う人も少なくないはず。その意味では、

  • ビールを飲む機会を減らす
  • ビールを飲む量を減らす
  • プリン体の少ない・低アルコールのビールに切り替える

といった対策が考えられます。ビールを飲む機会を減らす場合は、1週間単位で飲む日を減らすといった方法が考えられます。量を減らす場合は、ビールを飲む前に水やお茶を飲む、ビールの合間に水やお茶を挟むといった方法が考えられます。
また、商品によってはプリン体をカットしたビールもありますし、アルコールを抑えたビールもあります。プリン体とアルコールが尿酸の元となりますから、尿酸値を上げないビールに切り替えるといった対策も考えられます。

ビールを手放せない人は、食事を変えるか尿酸を排せつする仕組みを強化する

上述したような対策が実践できれば理想的ですが、仕事上ビールが手放せない、既にビールが習慣になっていて、今さらやめられないという人も居るはずです。その場合は、

  • 口にする食事からプリン体の摂取を減らす
  • 尿酸値を下げる食べもの・飲み物を意識的に口にする

といった点が大事になってきます。肉や魚などさまざまな食べ物にプリン体は含まれています。ビールの量が減らせないようであれば、おつまみとしてプリン体の多い食べ物は控えるようにしたいです。
一方で、体内の尿酸をより多く排せつする努力も行いたいです。一般的に尿をアルカリ化するほど、尿酸が排せつされやすいと広く知られていますので、海藻やキノコ、野菜などアルカリ性の食べ物を口にするように意識したいです。

TOP